クラウドファンディングページ作成を全力でサポート
会計事務所アシスト株式会社がやりたいことを実現する事業者のチャレンジを全力でサポート致します

プレスリリースを配信してメディアに取り上げてもらう!

プレスリリースというと大企業のものというイメージがありますが、実は個人でも活用でき、クラウドファンディングのPRでも高い効果を期待できます。押しの一手として、検討してみましょう。

【プレスリリースは大規模に注目を集める手段】
最近では、SNSを中心とした情報拡散が注目されていますが、情報を集中的かつ広範囲に広めたいときに、やはり欠かせないのが「メディアの力」です。インターネットニュースでも、よく新サービスや製品のPR記事を見かけると思います。クラウドファンディングにおいても、メディアの活用は大きな影響力を持っています。
クラウドファンディングでメディアを活用する方法が、プレスリリースです。プレスリリースは「企業や団体、個人が自分の製品や活動を世の中に知らせる」ために作成する文章です。その内容を面白いと感じたメディアが、世の中に情報を拡散してくれます。
プレスリリースの送付先は、初めての人は「ValuePress! 」(https://www.
value-press.com/) + [PR TIMEJ (https://prtimes.jp/) TIEDRiitt-ビスがオススメです。費用がかかることが多いですが、プレスリリースの配信をあなたの代わりに代行してくれます。

【タイトルにこだわり文章は簡潔に】
このように魅力的なプレスリリースではありますが、SNSよりもハードルは高めです。TwitterやFacebookのように自分で文章を作成するのは同様ですが、書き方や送り方に注意点が必要です。
プロジェクトページやSNSでは、支援者の共感を得られるような「思いや熱意を感じる文章」が効果的でした。しかし、プレスリリースでは「誰が目にしても伝わるような文章」である必要があります。以下の例文を参考にしてください。特にタイトルは、いちばん最初に目につく場所です。「○○○○の量産化のためクラウドファンディングを開始しました」のような文章ではなく、「革新的製品○○○○の紹介およびクラウドファンディング開始」のように簡潔でインパクトあるタイトルをつけましょう。

■ プレスリリース文例

<冒頭>
○○(起案者)は「○○○○(目的)」にかかる資金調達のため、プロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングサイト「○○」での募集を開始いたしました。

<目的の説明>
このプロジェクトの目的は○○○○であり、いままで活用できなかった○○○でも使用することできます。

<クラウドファンディングの理由>
「○○○○」の量産化にあたり、努力を重ねてきましたが、いち個人では工場との交渉も難しく、量産化が困難でした。そこで、量産化費用をクラウドファンディングで調達することをめざし「○○」にて募集を開始いたしました。

<クラウドファンディング募集概要>
製品名:○○○○
開発者:○○○○
募集総額:○○○○

<起案者概要>
氏名:
所在地:

<お問い合わせ先>
氏名:
Tel, Fax:
E-mail:
HP:

>会計事務所 株式会社アシストが全力でサポート!

会計事務所 株式会社アシストが全力でサポート!

新しいビジネスで新世界! 〒810-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目9-11 大成博多駅東ビル2F 代表取締役 原口 智架誌 取締役 長尾 孝太郎

CTR IMG